公共図書館と指定管理者について~山中湖情報創造館の取り組みと課題

NPO地域資料デジタル化研究会の丸山高弘・山中湖情報創造館館長が
日本で最初のNPO指定管理者図書館となった「山中湖情報創造館の取り組みと課題」について
報告書をまとめ、財団法人山梨総合研究所のニュースレターに掲載されました。

そのなかで、今話題の「新しい公共」による公立民営図書館モデルについて、提言をしております。

『公共図書館と指定管理者について~これまでの山中湖情報創造館の取り組みと課題~』
http://www.yafo.or.jp/letter/pdf_new/vol151_1.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました